上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
実に14日ぶりの水換えでした。


週1で水換えしていたときが嘘のようなやる気のなさです。


水換え後は水もピカピカで、ミクロソリウムにも普段は付かない気泡が付いています。

GEDC1230.jpg

GEDC1232.jpg


全体お写真。

GEDC1225.jpg



流木の上の方につけているトライデントですが、





先日こんなことに(笑)







GEDC1209_20130215230839.jpg

GEDC1211.jpg

GEDC1212.jpg


底モノのクセに高いところ好きか!


いや、よく写真撮るまで動かないでいてくれたよ。
ドジョウはなんだかんだネタ提供してくれるのでありがたい。
私もこの水槽内ではドジョウが一番好きだったりします。



て、話を戻しまして引き続き換水後のお話をば。


ミクロソリウムは順調にボリュームアップしているんですが、
それと同じくらいの勢いで子株を付けまくっちゃっています。

古い葉をトリミングするのめんどくさがってるのが原因ですね、ハイ。


見た目にも悪いので、大方子株を切り離し古葉をトリミングしたところ・・・


こんなに子株が・・・

GEDC1222.jpg

実際にはこれの半分くらい分離しないで捨ててるので・・・すごい量です(笑)

私の性質上、こんなの勿体無くて捨てないんですが
如何せんもう植えるスペースがありません。


泣く泣くゴミ箱行きとなりました。


でも月1くらいで子株なんてじゃんじゃん取れるから、別にいいんですけどね。
欲しい方がいたらパパッと郵送するんですが、冬だから凍るので今は無理ですし。


他にも水換え後写真をたんまり撮ってます

コリドラスもみんな元気ですよ。
水換え後だからか、珍しく色が抜けちゃったアトロペルソナータス。

GEDC1241.jpg


最近あんまり前面に出てきてくれないステルバーイ。

GEDC1240.jpg


コンコロールともさもさミクロソ。

GEDC1227.jpg


かなり久しぶりに登場。
カラーサザエイシマキ貝。

GEDC1233.jpg

こいつほんとよー働いてます。
卵も産まないし(オス?)、たまに行方不明になりますが。

この前何故かサテライトにいてビビりました。(フタ付きですよ!?)

サテ→水槽に水が流れ込むところを滝登りしたんでしょうが、いったい何がしたいのか。



ハニグラ。

GEDC1228.jpg

GEDC1247.jpg

1匹だけ胸ビレの片方が溶けて短くなっちゃったんですが、
気がつくと長さが元に戻ってました。

最近は縄張りを主張することも少なくなってきて、平和です。
(ただし泡巣はつくる)


最後はエスペイ。

GEDC1234.jpg

GEDC1250.jpg

奇跡的にピントがぶれずに撮れました。
改めて、綺麗なサカナだと実感します。

群れで泳がせたい。いつか、きっと・・・

でも群れで泳がせて見たい小型魚は他にもいるので、チャンスがあっても他の魚種に・・・

ベタですけど、レッドファントムとかいいですよね~(´∀`)
あ、"ベタ"じゃないですよ?一応。


なんだか久々にまともに更新した気がします(笑)
ちょっとアクア熱が冷め気味なので、なにかしらやりたいことを見つけて維持していきたいと思います。

それではまた次回(`・ω・´)ノシ





記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
全国1億2000万人の底モノ好きの皆さん。
コリドラスもいいですが、ドジョウはいかがですか?

そこのクーリーローチを買っているあなた。
日本のドジョウもその水槽に入れましょう。

コリドラス専用水槽をお持ちのあなた。
日本のドジョウをその水槽に入れましょう。

スーパーの鮮魚コーナーで食用ドジョウを見かけたあなた。
ドジョウを今日の夕食の献立に入れましょう。

熱帯魚のような華やかさはないかもしれませんが、その愛らしさは小型魚の中でもトップレベル
と私は思っています。


うちにいるスジシマドジョウの場合

・愛らしいご尊顔
GEDC0432.jpg

GEDC0435.jpg


・尻尾隠して頭隠さず
GEDC0421.jpg


・もふもふ(^ω^)
GEDC0436.jpg


・透明感のある尻尾
GEDC2014.jpg


・スマートなお体
GEDC2036.jpg

GEDC2646.jpg


・太ましくなってきても愛らしいお姿
GEDC0352.jpg

スジシマドジョウは他のドジョウの中でも、かなり綺麗な種だと思います。
体は透き通っているし、模様もとても綺麗です。

体の質感も肌触りのよい革製品のようです。
ヌルヌルなんてしていませんよ?


他にもたくさん日本のドジョウ

 ▼シマドジョウ(1匹)

 ▼シマドジョウ(1匹)
価格:730円(税込、送料別)



日本固有種!▼ヤマトシマドジョウ(1匹)

日本固有種!▼ヤマトシマドジョウ(1匹)
価格:730円(税込、送料別)



 ▼フクドジョウ(1匹)

 ▼フクドジョウ(1匹)
価格:750円(税込、送料別)



▼ヒメドジョウ“オス”(1匹)

▼ヒメドジョウ“オス”(1匹)
価格:850円(税込、送料別)



 ▼ヒドジョウ(1匹)

 ▼ヒドジョウ(1匹)
価格:880円(税込、送料別)



 ▼アルビノ・ヒドジョウ(1匹)

 ▼アルビノ・ヒドジョウ(1匹)
価格:1,500円(税込、送料別)



 ▼アジメドジョウ(1匹)

 ▼アジメドジョウ(1匹)
価格:800円(税込、送料別)



 ▼ホトケドジョウ(1匹)

 ▼ホトケドジョウ(1匹)
価格:750円(税込、送料別)



 ▼マドジョウ(2匹)

 ▼マドジョウ(2匹)
価格:540円(税込、送料別)



 ▼スジシマドジョウ(1匹)

 ▼スジシマドジョウ(1匹)
価格:780円(税込、送料別)


【最大体長】(参考:チャーム)
・20cm・・・・・フクドジョウ
・15cm・・・・・マドジョウ、アルビノ(マドジョウ)、ヒドジョウ
・13cm・・・・・シマドジョウ、ヤマトシマドジョウ、スジシマドジョウ
・10cm・・・・・アジメドジョウ
・8cm・・・・・・ヒメドジョウ
・7cm・・・・・・ホトケドジョウ


チャームさん、ドジョウ増えた?
私がスジシマドジョウを購入したときは、こんなにたくさん種類いなかった気がします。

サイズ的には、13cm以下が飼い易いですね。
しかし、20cmのフクドジョウと15cmのヒドジョウがかなり可愛いので悩みどころです(笑)

最も、最大体長に育てるのは水槽での飼育下では難しいと思うので
そこまで気にすることはないかもしれません。


ウチのスジシマは購入時5cmくらいで半年ほど経ちますが、現在6~7cmほどです。
ドジョウは寿命が長いのでこれからも長い付き合いになりそうです(´∀`)



飼い方

熱帯魚を飼育しているのであれば、簡単です。

注意点は、
・飛び出し事故の可能性があるので、水槽上面をフタなどで覆うこと。
・コリドラス同様、低床は角のないものにすること。
・残飯処理だけでは痩せるので、専用に餌をあげること(何でもよく食べます。コリタブでOK)
・水草は抜かれる可能性があること。

これだけ気をつけていれば良さそうかな。

ドジョウが低床に潜る姿を見たいなら、田砂やボトムサンドなど細かい底砂がお勧めです。
潜る潜らないは個体差もあるようです。

熱帯魚のいる水槽はヒーターが設置してあると思いますが、
ドジョウは水温5~30度で生きられるようなのでヒーターありで大丈夫です。

冬にヒーターなしでも、地域によっては大丈夫でしょうけど
余りに寒いと冬眠しそうなので、ドジョウにすごしやすい温度にしてあげましょう(ドジョウ愛大事!)

ウチの子は水槽から飛び出さないし、割と砂に潜ってくれる個体ですね。
まだそこまで大きくないということもあり、水草もそんなに抜かれていません。

ドジョウは温厚なので、基本混泳はOKです。
※ホトケドジョウはメダカ食われた、脱皮後のやわらかいエビ食われた等の情報を耳にすることも・・・
「ウチは大丈夫という」情報もあるのでこれも個体差ですね。


以上、「ドジョウのすゝめ」でした。
ドジョウに興味がわいた方がいてくだされば、これほど嬉しい事はないですね。

それではよいドジョウライフを~(`・ω・´)ノシ
記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事
冷凍赤虫をコリドラスにあげるときどうしていますか?

私はスポイトを使うんですが、いつもバラけて水中に大量に漂わせてしまいます

上手くコリのいる低層にまとめて赤虫を置く方法はないかと考えあるものを作りました










GEDC2624.jpg

はい完成。

製作時間1分です。

見ての通り、小瓶に輪ゴムをくくりつけ
輪ゴムにビニタイを付けただけです。

ビニタイは水槽の高さよりも長くしています。
長さが足りなくて2本つないでますけど。


では使い方です。

冷凍赤虫を1ブロック丸ごとポンと放り込んで・・・

GEDC2627.jpg

あとは赤虫がビンの口から出ないように水槽に沈めるだけ。

GEDC2633.jpg

おおっ!赤虫が広がらない!
これはいいかも。


しかし、初めて見る物体にコリ達はビビり気味。
ビンの入り口まで近づいても、体が当たると逃げてしまいます。



待つ事10分・・・


最初に入ってくれたのはうなぎでした。
ドジョウって警戒心薄いのかな?

GEDC2634.jpg

赤虫独占状態です(笑)

===================【9/21 動画追加しました】======================================



===============================================================================================

次に入ったのは・・・







お前かよ!

GEDC2643.jpg

肝心のコリ達はというと、

GEDC2645.jpg

ビンから出たおこぼれしか食べれていないという始末。


そして30分後、ようやく入ってくれましたーヽ(゚∀゚)ノ

GEDC2650.jpg

赤虫の絨毯や~♪

他ののコリも結局みんな入ってくれました。
まあ今回の試みは成功ということにしておきましょう。



ブログ1万Hit達成!


おかげさまで、当ブログも開設9ヶ月で1万Hitまでカウンターが回りました。

いつも来てくださる皆さま方、ありがとうございますm(_ _)m

そろそろ1万だな~と、私もウキウキしながらカウンターをチェックしていたんですが

あろうことか


1万HIT!


自分で踏んでしまいました!ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!


よくキリ番ゲットの方に水草プレゼント!なんて企画を他のブログさんで見かけて
いつかやってみたいなぁとか思っていたんですが

自分で踏んでちゃどうしようもないですね(笑)

しかし、差し上げられるほどよい水草なんて持ち合わせていませんし
そんな企画は立てられないんですけどね。

次のキリ番は・・・11111ですかね。
また自分で踏まないように気をつけます。

もし踏んだ方は、是非ご一報ください。
もしも私の持っている水草で何か欲しいものがあれば、少量ですが差し上げますよ!(決死の覚悟)
ラージパールグラスかエイクホルニアくらいしか状態のいいものなさそうですけど。

それでは今回はここまでです(・∀・)ノシ

おまけ画像

GEDC2646.jpg

GEDC2647.jpg







記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
わかりますか?
GEDC2018.jpg


わからない人いるかな?
GEDC2025.jpg


引きで。これならもうわかりますね。
GEDC2020.jpg


正解は~…

GEDC2014.jpg


スジシマドジョウのうなぎくんでした。

GEDC2036.jpg


スジシマドジョウ飼っています

久しぶりに砂に潜っているところが見れました。
やっぱこのときが一番可愛いです。

ドジョウは飛び出しが多いとよく聞きますが、
うちのうなぎは飛び出し事件は今のところ起きていません。

本当はフタ必須なんですが、今はフタもしてません。
とてもいい子。

エサはコリドラス用の沈水性のものを、コリと一緒に食べています。
スジシマドジョウは熱帯魚ではなく、日本淡水魚ですから
熱帯魚との混泳なんておかしな話ですね。

外国のドジョウの仲間

飼育するに当たり、日淡であるスジシマドジョウにするか、外国のドジョウの仲間にするか迷った事もありました。

日本以外にもドジョウはいるんですね~。
何種類か見比べてみると…

■クーリーローチ
流石外国産といわんばかりの派手な模様ですねwww
よくショップで見かけます。流通量が多いんでしょうね。

■ボルガドットローチ
これもたまにショップで見かけます。
日本のドジョウっぽくて、結構私好みです。

■パキスタンローチ
模様がカッコよすぎ。
太くてがっちり体型ですねwww

■ドワーフ・ボーシャ
この子はかなり可愛いです。
実はちょっと飼おうとしていました。
近所に売ってなかったので断念。
4cmほどとかなり小型なので、いつか飼ってみたい種です。

こんな風に、日本のドジョウと比べてみるのも面白いですね。
ボーシャ可愛い。

おまけ

魚眼レンズ機能で撮りました。
GEDC2015.jpg


それでは今日はこのへんで(・∀・)ノシ
記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事
ええそうです。
結局、3匹目のゴールデンハニードワーフ・グラミーを購入しました。

少し前にも、ハニグラのメスを探していて、ショップでメスっぽい子を指定して
買って来たんですが・・・その時はオスでした。

そのときの記事↓

指定した個体じゃないんですけど(゚Д゚)!!!



また店員さんにメスっぽい個体を指定して、
今度は目を離さずに無事掬ってもらいましたwww


それがこの子。

GEDC1796.jpg

GEDC1788.jpg

美白です。

オスの特徴である、尾びれ周辺の濃いオレンジがほとんど出ていなかったので
この子にしました。

これで現在、この水槽には3匹のハニグラがいます。

最初に買った子は婚姻色が出ており、泡巣をせっせと作っているオス確定のこの個体。

GEDC1689.jpg

イケメンです。


2番目に買った「指定したのとちゃう!」事件の子。(たぶんオス)

GEDC1854.jpg

一時期最初のオスといちゃついてたけど、最近は追い回されてる。


そして、今回買った3匹目のハニグラ。美白。(メスだと願いたい)

GEDC1848.jpg

かわいい。



オスがこんなにも本気で泡巣を作っているので、
この努力に報いるためにも、今回の子がメスだといいなぁ。

GEDC1798.jpg




ここ何件かハニグラの話題ばかりだったので、
今回は他のお話もします。


更新ペース遅いんだから、1回あたりの記事はせめてたっぷりと書きますw


まずは、2ヶ月前の水槽をご覧ください。

GEDC1440.jpg

寄りで。

GEDC1584.jpg

2ヵ月後↓

GEDC1843.jpg


最近オークロがほったらかしで、すごい縦伸び状態です。
こうして並べてみると面白いですね。

GEDC1876.jpg

横に這わせるにはルミノDX24Wでは役不足ということか・・・
大人しくトリミングします。


後景中央のラージパールグラスもぼさぼさです。
思いのほかCry.ウェンティーも巨大化してたんですねー。


後景右側のロタラ・インディカは2ヶ月前にトリミングしてから、全然伸びなくなりました。
新芽が出てはいるんですが・・・

GEDC1857.jpg

下の方は光が弱くて枯れかかってます。
どうもミクロソリウムが光を遮りすぎですね。

次回メンテ時にどうにかすることにします。

水草は難しいです。
綺麗に育てるなら光が下まで届くようなレイアウトを考えなきゃいけませんね。




まだ続きます。

お次は久しぶりの底物たち!


相変わらず元気なコンコロール。

GEDC1861.jpg

相変わらず写真を撮ろうとすると逃げるシミリス。

GEDC1864.jpg

相変わらずどんどん不細工になるステルバイ。

GEDC1866.jpg

相変わらず新参者の癖に一番悠々と泳いでいるパンダ。

GEDC1874.jpg

相変わらず1匹だけ日淡のスジシマドジョウ、うなぎ。

GEDC1871.jpg


次回のメンテは大々的に底物のために前景にスペースを作ろうか考え中です。
せめて餌場だけでも草の生えてない場所を確保してあげようかなとw

次回のメンテはやることいっぱいだ。

最後に、忘れ去られていると思われるサテライト。

GEDC1885.jpg

入っているのはいつまで経ってもチビのままのミナミ。
栄養が少ないんでしょうねきっと。

そして、少しだけ水草がストックしてあります。

このサテライトは自作の底面フィルターが入っているので、

もうサブフィルターみたいなモンです。

ろ過能力はたかが知れてますけどね。


今回はこれでネタ切れです。
長文、読んで下った方、ありがとう。

それではまた(・∀・)ノシ





記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。