上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
タイトルの話題は最後に。



なんだかんだ、サテライトのレッドビーはまだコリタブを食わされ続けています。

GEDC1424_20130327214033.jpg

GEDC1433.jpg


でもあんまり食いつきはよくないし、2匹でこの大きな塊を食べきることはありません。



食べ残しには薄っすらとカビがつき・・・

GEDC1407.jpg

スネールも付いて来る。

まさにスネールホイホイ。


いつの間にか混入したスネールは、爆殖はしないものの
ちょこちょこと見かけます。
「テデトール」をつかって駆除しても、レイアウトの奥に潜んでて捕りきるのは無理ですね。

今は見つけ次第エスペイにエサとしてあげています。

エスペイにとってこの状況はまさにメシウマ状態でしょうね・・・


たまにはミナミヌマエビだって

水草がもっさりと茂ってからは、めっきり姿を見る機会が減ってしまいましたが
久々に見かけたのでパパラッチしておきました。


「速報!ミナミヌマエビ氏 抱卵!」

GEDC1413.jpg

GEDC1420.jpg

しぶとく子孫を残して繁栄しているようです。

他にも、

なんだか最近は見かけても茶色かったりとあまり綺麗なミナミに出会えないんですが、
久しぶりに透明なかわいい個体を目撃できました。

GEDC1436.jpg

GEDC1438_20130327215042.jpg

次は青い固体を拝みたいなぁ~。


おまけ。
オトシンさんの腹チラ写真。

GEDC1429.jpg

糞チラもしてますね。



本題、コリのために


以前から水草によって圧迫されたコリドラスの居住スペース減少について言ってましたが、
今回のメンテでようやく重い腰を上げてレイアウトを変更しました。


【レイアウト変更前】
GEDC1421.jpg

GEDC1328.jpg








【レイアウト変更後】
GEDC1441_20130327220144.jpg


これで前面にコリの遊泳スペースを確保できたでしょう。
改めて、30cmキューブ水槽にこのサイズのブランチウッド2本も入れるもんじゃないと実感・・・

せっかく買い集めた山谷石をほとんど撤去する結果になりました(笑)


斜めから。

GEDC1450.jpg

上から。

GEDC1447.jpg

大きく育ったクリプトもかなり小さくトリミングして植えなおしました。
また数ヵ月後には巨大化するんでしょうけどね。


サカナが入ったままレイアウト変更を強行したので・・・

GEDC1443.jpg


コンコロールの背ビレが一箇所裂けてしまいました。


GEDC1444.jpg


マジでごめん。
逃げ回っているときにどこかに擦れちゃったんでしょうね。


でも驚いたのが、この写真から3日後のコンコロール。


GEDC1478.jpg


もうここまで回復しています。
この回復力はすごいですね!

この調子でお髭も伸びてくれればいいんですが。


シミリスは安定して元気です。

GEDC1445.jpg

GEDC1446_20130328184202.jpg


臆病なので、逃げ足も速く怪我はしてないみたいです。


これはレイアウト変更前の写真ですけど、ステルバイお食事中・・・

GEDC1431.jpg


GEDC1432.jpg


勢いがお分かりいただければ(笑)


それではまた何かあったら記事にしますので。
また次回ノシ





記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
チビでも食欲は・・



一人前です。

GEDC1515.jpg

小さくてもコリドラス。

GEDC1513.jpg

がっつきかたも、コリドラス。

GEDC1519.jpg

普通サイズのコリたちにも負けずにエサを食べてくれるので、
食いっぱぐれはなさそうです。

GEDC1520.jpg

・・・とまあ、
ハステも可愛いですが、たまには脇役も!

ということでこのブログでは脇役に甘んじている(私のせいですが)住人をご紹介します。


一番最初の抱卵のときに生まれたミナミヌマエビの稚エビ。

GEDC1509.jpg

もうあまり稚エビってサイズじゃないですね。


コリドラスのタンクメイトとして、中層~上層を泳いでくれるラスボラ・エスペイ。

GEDC1527.jpg

コリのタンクメイトとしてはかなり優秀だと思っています。
なぜかって、低層に落ちたエサをまったく食べないからです。

カラシン系だとコリタブハンターと化しますからね。
(※私の知っている範囲では)

最も、うちの水槽ではハニグラさんがコリタブハンターですが・・・

癒し&ガラス面のコケ担当。
オトシンクルスさん。

GEDC1456.jpg

最近はプレコタブレットもあげなくなったんですが、
ちゃんとコケにありつけているようで餓死する心配はありません。

写真はありませんが、オトシンネグロも同居中です。
いつもフィルター給水口の下にいて写真が撮れないんですよねw

30cmキューブ水槽に所狭しと同居している脇役達でした。
それでは~(・∀・)ノシ
記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事
最近ブログネタに困っているので、今回は適当にいろんな写真を貼ってお茶を濁すことにしました(笑)


コリドラス・ハステータスをお迎えして、もうそろそろ2週間経ちますが
ちび達はうちの水槽でも何とか元気にやってくれるてるみたいです。

GEDC1305.jpg

ホバリング状態ではまったくピントが合いません(笑)

中層をちょこちょこっと泳いでます。

GEDC1298.jpg

おめめ真っ黒だけど可愛いやつです。

GEDC1295.jpg

たまに水草をもふもふっと!
ボルビティスを執拗にもふるハステ。

GEDC1308.jpg

残念な写真しか取れていないので、ハステータスってこの程度かと誤解させないように

過去によく取れた写真を再度引っ張り出してきました(笑)

GEDC1121.jpg

ちゃんとおひげもあります!
こうやって見ると、ちゃんとコリドラスなんですよね。

え?テトラ・オーロ!?

ちがうちがう!コリドラス・ハステータスです!


うちの水槽の最小がハステたちですね。
ミナミヌマエビよりも小さいです。

あ、でも今はミナミの稚エビがたくさんいるので実質2番目でした。

GEDC1312.jpg

田砂と完全に保護色になっています。
み、見にくい・・・

これでも結構成長した子です。
これは本水槽内でいつの間にか生まれた子で、

サテライトにはお母さん2匹分の稚エビが詰まっています(笑)

GEDC1317.jpg

コケっていて汚いですが、エビには良かれとあえてコケを綺麗にはしていません。
稚エビとあまったナナ、ボルビ、ミクロソのストック水槽と化しています。

GEDC1321.jpg

このサイズの稚エビが20匹くらいいます。
成長したらどうしよう。


最後に、現在のキューブ全景。

GEDC1293.jpg

バックスクリーンを貼っている後ろ側のガラス面が汚いんですよねぇ・・・
水槽の外側の・・・

一度剥がして拭かなきゃだめですねー。

せっかく貼ったのに・・・


ということで、今日はここまで。
それでは~(・∀・)ノシ





記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事
昨日の夜のことです。

ふとサテライトのスジシマドジョウを眺めていると、
サテライト内壁に何やらゴミが。

と思ったら、ゴミが動いた!

そう、稚エビでした。


ようやく生まれた稚エビは2~3mmの体長しかありませんが、
しっかりとミナミヌマエビの形をしていました。

GEDC0762.jpg


この子は稚エビの中でも少し大き目の子。

GEDC0764.jpg


親エビの大きさと比べてみると・・・

GEDC0769.jpg

ミナミヌマエビでもなんか迫力を感じてしまいますね。


あらかじめ入れて置いたプレタブがカビ生えてきたな~と
ピンセットを入れて撤去しようとしたら


カビがわさっと動いたのビックリしました。

カビだと思っていたのはどうやら全て稚エビでした。
生まれたばかりなのに、もうプレタブに群がるとはたくましいやつらめ!

GEDC0763.jpg

大磯砂と比べてみても、その小ささが分かります。

GEDC0777.jpg

小さすぎてピント合いませんでした。

現在これらの稚エビはサテライト内でスジシマドジョウくんと一緒に
本水槽とは隔離飼育中です。

サテライトからの稚エビの流出防止にはこれ。


こんな感じに装着します。


※ごめんなさい。写真消えちゃいましたm(_ _)m


付属のメッシュプレートはこんな感じ。

これでは稚エビは通り抜けちゃいますからね。
もっとも、細目のネットでも被せておけば済む話ではありますが(笑)


サテライトは中くらいのサイズ(1.2ℓ)を使用しています。


しばらくは稚エビをサテライトでぬくぬく育てて楽しみたいと思ってます。
スジシマくんに食べられないことを祈って・・・

大丈夫だよね・・・?口が下方向についてるし・・・
記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事
外部フィルター「エーハイムアクアコンパクト2004」または2005を知っていますか?

私が現在メインで使用しているフィルターなのですが、少々困っています。

それは…



ストレーナーがこんな形をしているからです。

半円形のストレーナーは珍しいですよね。
ちなみに、写真の青いマットはストレーナーの内側に入れるものです。


さて、困りました。

実は先日、ミナミヌマエビを新たに3匹買いたしたのですが、
ショップのお兄さんが抱卵個体を1匹入れてくれました。

GEDC0524.jpg

お兄さんマジ愛してる!

前に抱卵したこともあったんですが、その個体が落ちてしまったので
未だに稚エビの姿を生で拝んだことはありません!

期待に胸を膨らませて、観察を続けていると…

あれ?



もう1匹抱卵してるじゃん!
GEDC0579.jpg

前からいた個体が実は抱卵してたんですね(笑)
レッチェリがまだ小さいので、たぶんミナミ同士の卵でしょう。
つまり、現在我が家には抱卵ミナミが2匹おります。


話は戻って。

このままだとストレーナーに稚エビ吸い込まれちゃうじゃないか!

と、いうわけでようやく本題です。


アクアコンパクトの半円形ストレーナーに合うカバーは市販していないようなので、
スポンジを加工して自作することにしました。

買ってきたのは、どこにでもあるような洗車用スポンジ

写真は紛失してしまったので。
大体こんな感じのものです。



ホームセンターで88円とお安いもので構いません。

ただ気をつけることとして、
「抗菌」「殺菌」などと書いてあるものはダメです。
バクテリアに影響が出るので注意しましょう。台所用スポンジに多い気がします。


このスポンジを…
半円形ストレーナーが入るように、ひたすらハサミでチョキチョキしました。

こんな感じ。
かなり適当です(笑) せめて左右対称にしたかった…!

SH370151.jpg

で、

こう…スポっとはめて


SH370152.jpg


ハイ完成!(笑)

相変わらずの適当さ。


空気をよく抜いてから、水槽にインさせました。

SH370153.jpg
GEDC0566.jpg

なんという存在感!

でもこれで稚エビの吸い込みは心配ありません!

見てくれが悪いのは、エビが成長するまでの間だけです。


ちなみに、
ミナミの孵化までの積算温度は620℃ほどらしいので、
孵化までの日数 = 620 ÷ 水温 」で計算できるようです。

ウチは水温26℃なので、
620 ÷ 26 ≒ 23.8日ほどで孵化しますね。

いやぁ、楽しみですなぁ(´∀`)
記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。