上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
「水草がコケてきたので」の記事の時に購入した
ロタラ・ロトンディフォリアの水上葉の経過はこんな感じです。

【植栽直後】
GEDC2112.jpg
↓4日後
GEDC2144.jpg

水中葉の頂芽が少しだけ出始めた状態かな。
丸い葉から細長い葉に変わっていきます。

まだ4日ですから特に目立った変化はありませんが、縦に伸びるスピードは結構早そうです。
困った事に、毎朝1,2本必ず抜けて浮いてますが。

8割方ドジョウのうなぎのせいですねきっと。
早く根づいてくれないかなぁ。

低床にはテトラのイニシャルスティックを埋め込んでおきました。


一方で、ロトンディフォリア購入に至った原因でもある
不調のロタラ・インディカ(ピンクタイプ)

GEDC2145.jpg

ご覧のとおり、結構コケが付いちゃってます。
これはもう思い切って差し戻ししたほうがいいのかなぁ。

やたら細くて葉が小さいものもありますが、脇目がめちゃくちゃでてます。
元は1本の茎から3,4本。

コケて成長が阻害されてるから新しい脇目を作っているんでしょうか・・・
それとも、もともとこんなに沢山脇目を出す水草なのか。
皆目検討がつきません。クルクル σ@( ゚∀ ゚) パー!?


続いて、エイクホルニア・ディバーシフォリア

GEDC2137.jpg

いつも通り好調です。
二酸化炭素のまわり具合がよいと、こんな風に気泡も見れます。
トリミングにも結構強い印象で、小型化したりも今のところはありません。

そして、いつも根っこが物凄いです。
今度抜いたときにでも根の写真とっておきますか。


中景を埋めますは、ラージパールグラスクリプトコリネ・ウェンティー"トロピカ"

【ラージパールグラス】
GEDC2156.jpg

ラージパールも結構楽チンです。
トリミングしても直ぐにそこから2、3本の芽が展開していきます。
かなりもっさりになるので、私の環境下では下部に光が届きにくいです。

だからちょっと下部は汚いんですが(笑)

ひたすら縦伸びしていくので、放って置くと「中景」から「後景」になってしまいます。
私の場合、下部まで光を当てて綺麗に育てるためには、ある程度低く育てた方がいいかもなぁ。

次回のトリミングで低めに調節して見たいと思います。覚えてたら。


【クリプトコリネ・ウェンティー"トロピカ"】
GEDC2152.jpg

Cry.ウェンティーは結構巨大化しましたよー。
枯れ葉のような茶色ですが、一応こういう水草です(;^ω^)

大きな株の根元の右側に小さな株があるのがお分かりでしょうか?

これ、いつの間にか増えたみたいです。
砂の中ではランナーでも出して繋がってるんでしょうか?

です。


最後に1枚。

GEDC1543.jpg

うなぎがこうやって水草に突き刺さっている事がよくあります。
ラージパールに刺さってる事が多いですね。

底砂よりもふわふわして心地よいんだろうか・・・






記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
どうも最近水草がコケにやられてきていて困っています。
ガラス面はほぼ問題ないんですがね。

となるとミナミヌマエビに頑張ってもらうしかないんですが、
飛び出し自殺のせいでエビの数が減少してコケ取りが追い付いていないのが現状です。

サテライトにミナミの稚エビ(5mmサイズ)がたくさんいるので、とりあえず本水槽に放流。
この稚エビ達、生後数ヶ月なのに全然成長してません。
サテライトという狭い環境のためでしょうか・・・

本水槽に放流して数分後・・・



ハニグラが稚エビを追い掛け回してる!

やばい!



お?でもハニグラは興味津々なだけか。食べたりはしないみたいだε-(´∀`*)ホッ



エスペイ「バクっ!!!」


え・・・!?( ゚д゚)ポカーン



あろうことかエスペイに食われました。
これには驚いた。

GEDC2063.jpg
↑メシウマ状態のエスペイ。口にはまだエビが入ってます。

いくら肥大化してきたとはいえ、あの大人しいエスペイが稚エビを一飲みにするとは。
しかも、エスペイには過ぎた獲物なので数分間もぐもぐしないと飲み込めない状態。

不幸中の幸いか、ほとんどの稚エビ達は逃げ延びて吸水口の裏の隙間で生活しています。

コケ対策、新たな手を打つことに

稚エビは数がいても、ほぼ戦力外なので新たなコケ取り兵器を放流しました。

コケ取りの代名詞、ヤマトヌマエビ先輩です!

GEDC2094.jpg

数は抑え目で3匹にしました。
やっぱりミナミと比べるとでかいですね。

戦力としても、1匹あたりミナミの2倍くらいは働いてくれるんじゃないかと思います。
頼りにしてますぜ先輩!コリタブ泥棒は必至ですけど・・・

GEDC2114.jpg

投入直後から、きったないサテライトのパイプをツマツマし始めました。
でもそれ、内側なのよね。
今度ちゃんとパイプクリーナーやっときます。


その夜・・・

ガタガタガタガタガタガタガタガタ


ぐらぐらぐらぐらぐらぐらぐらぐら!!


地震だ!
と気がついた瞬間、その日に水換えをした水槽は水位も高く

水がざっぱざっぱとこぼれる始末。
床水浸し。


タオルやらなにやらを取りに動くと、足の裏に何か感触が・・・
水と一緒に飛び出してしまったヤマトヌマエビでした。

体重がかかる前に足を引いたので、水に入れると辛うじて泳いではいましたが
翌日には無残な姿で発見されました・・・

GEDC2122.jpg

大きさからいっても、ミナミではなくヤマトでしょうね。
ごめんよ・・・

そして何故か水槽内に確認できるヤマト先輩が1匹しかいない件。


・・・また後日追加します。


水草も買ってきてました

ヤマト購入のついでに、買ってきたのはこれ。

【ロタラ・ロトンディフォリア(水上葉)】
GEDC2087.jpg

角度変えてー。
GEDC2090.jpg

水上葉しか売ってませんでした。
これから水中葉に変化していき、葉が細くロタラっぽくなるのが楽しみです。

ちなみに水中葉になるとこんな感じになります↓

なぜロトンディフォリアにしたかというと、私の環境下ではロタラインディカが全然赤くならないからです。
ロトンディフォリアも赤みのでるロタラなので、この種なら成功しないかなという気持ちで購入しました。

植栽するに当たり少々レイアウトを動かしました。

ハイグロフィラ・ロザエネルビスの購入時についていた葉っぱが溶けて汚かったので
新葉の綺麗なところから差し戻し。

ミクロソリウムを左から右に受け流して、

以前のレイアウト↓から

GEDC2009.jpg

こうなりました↓

GEDC2110.jpg

写真白飛びしてらぁ。
木化石も設置スペースがないのでとりあえず出しました。

ロザエネルビス、ロトンディフォリアともに背がかなり低い状態です。
後景中央のインディカは細すぎ&コケ付きと状態はよくないです。

GEDC2112.jpg
↑手前:ロトンディフォリア  奥:ロザエネルビス そしてコンコロがチラッ

状態が常にいいのは、エイクホルニア・ディバーシフォリアとミクロソくらいですね。
どちらも葉も綺麗で成長もかなり早いです。

GEDC2115.jpg
↑ミクロソらしからぬ気泡

最後に、コケにやられにやられてココまで葉が小さくなったAn.ナナ。

GEDC2117.jpg

ここから復活はありえるのか・・・?




以上、近況はこんなところです。
それではまた次の記事でお会いしましょう( ゚д゚ )ノシ






記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。