上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
今年の3月下旬に、自作サテライト用底面フィルターを作ったわけですが・・・

どんなものか知りたい方は作り方の記事へどうぞ↓
自作サテライト用底面フィルター

どうもエアーが詰まって流量が極端に落ちてしまいました。

現在サテライトでは、ゴールデンハニードワーフ・グラミーの稚魚を隔離して育てているので
何とかして再稼動させます。

ついでにサテライト自体も完全リセットです。
半年分の汚泥とサヨナラします(笑)

詰まりの原因


詰まったのはエアチューブ代わりの配管に使っていたアルミパイプです。

GEDC0649.jpg

エアー排出口にゼリー状のものが詰まってました。
バクテリアやら汚泥が詰まったんだと思います。

口径がかなり細いものですし、しょうがないですね。
同じ事がまた起きると面倒なので、アルミパイプは撤去することにします。

配管が綺麗なので気に入っていたんですが、アルミですし腐食の可能性も考えると
もう使用するのはやめたほうがいいですね。


アルミパイプ → シリコンチューブ


安定のシリコンチューブをアルミパイプの代わりにします。
長く水に触れるため、劣化に強いシリコン素材のチューブにしました。

排水のアクリルパイプの下部に穴を開けて、L字ジョイントをはめて完成です。

GEDC0105.jpg

ドリルなんて持ってないので、錐とドライバーを使っての手動ドリルです。
アクリルパイプが案外柔らかくて助かりました。

このL字ジョイントにエアチューブを接続してエアリフトさせます。

GEDC0099.jpg

こんな感じ。


アクリルパイプとベースの接合は、パイプに穴を開けて結束バンドで固定しているだけです。

GEDC0107.jpg


濾過槽を張り切り過ぎた・・・

どん!

GEDC0114.jpg

サテライトMのくせに、まさかの2段構造(笑)
下がリング濾材、上が大磯砂です。


遊泳スペースを削りすぎました・・・

GEDC0115.jpg

直すのが大変なので、もうこれでいいです。
ハニグラ稚魚のみなので、問題ないでしょう。

GEDC0117.jpg

サテライトが完全に外掛けフィルターですね(笑)
結構底面フィルターの多重構造って好きなので、満足してます。

サテライト自体も結構重くなるため、念には念を。
ミニ突っ張り棒で水槽への過重負担を軽減してます。

よかったら皆さんも作ってみてはいかがでしょう。
自作は楽しいモンです


なみに、
自作までしたくないけど、サテライトに底面フィルターを入れることに興味がある方は
バイオフィルター ミニ【関東当日便】

バイオフィルター ミニ【関東当日便】
価格:470円(税込、送料別)


バイオフィルターミニがオススメ。
ベースの部分を少し削るだけでそのまま使えるみたいですよ。

みんなでレッツサテライト底面♪(笑)
それでは~(´∀`)ノシ
記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
以前作ったサテライト用のミニ底面フィルターの記事
当ブログで一番人気の記事なようなので、ちょこっとだけ経過をお知らせします。

出来上がりはこんな感じでした。

GEDC0651.jpg

GEDC0666.jpg


サテライトで稼働し始めて2週間ほど経ちました。
排水パイプは今もしっかりとエアリフトしてくれています。

GEDC0831.jpg

右下に写っているのは指じゃないですよ。
自分でも一瞬指かと思いましたが、ドジョウの隠れ家としてに入れている素焼きポッドです。

排水パイプの長さを丁度サテライトの水面に来るように揃えてあります。


底面の空洞部分には、泥のようなもの少しだけ溜まり始めました。
大磯砂を使ったので、砂自体は下に落ちていません。
ウールマット敷いてますから、これからも砂での詰りは大丈夫でしょう。

GEDC0836.jpg


底面フィルターということもあり、底砂が多めなので
サテライトが通常よりも重くなってしまいます。

30cmキューブに掛けているサテライトなので、
安全性を考慮して100均で購入したミニ突っ張り棒を使ってます。

GEDC0821.jpg

肝心のろ過能力ですが、
今のところは底砂に糞が溜っている感じもないです。

何より止水域を潰しほどよい水流が作れているので、

ないよりもあった方が断然よいかと思います。

GEDC0825.jpg

サテライト内で飼っている生体がスジシマドジョウなので、
気持強めのエアーで水流を作っています。

サテライトに入る市販の底面フィルターもあるので、
自作が面倒な方もサテライト内に入れてみてはどうでしょう。


バイオフィルターミニなら、Mサイズのサテライトにもぴったりです。

でも、自作もなかなか楽しいですよ!
記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事
サテライトって結構止水域できてしまいませんか?

生体をサテライトで飼うとその止水域にフンが溜って、
本水槽の底砂に比べると汚いように感じてしまいます。

そこでサテライトの中に小さな底面フィルターを設置しようと思ったんですが、

いかんせん、サテライトが小さくて適合するサイズほとんどありません。

市販の底面フィルターはこれくらいかな?

バイオフィルター ミニ【関東当日便】

バイオフィルター ミニ【関東当日便】
価格:470円(税込、送料別)



あとはエーハイムも入るかな?



どちらも試していないので、サイズがきちんと合うかは分かりません。

しかし、どちらにしても排水口がサテライトにはちょっと大きく思えます。
見た目の問題ですね。


ということで!

気に入ったのがないなら作ってしまえ!



タイトルの通り、今回のDIYは
「サテライト用底面フィルター」を製作します。

ちょっと頑張りました。

ネットで調べに調べて
色々な人のアイデアを基に作りました。


【材料】
・鉢底ネット
・結束バンド
・アクリルパイプ(外径10mm)
・アルミパイプ(外径4mm)
・エアホース
・3又分岐


鉢底ネット、結束バンドは100均。
パイプ類はホームセンターで購入。
3又分岐はアクア用品のあるとこなら結構あります。

それでは製作過程に参ります。



鉢底ネットをサテライトより縦横共に1.5cm前後長く切り出します。


鉢底ネットが高さ1.5cmの箱型になるように各辺を折り曲げます。
ライターで温める程度に炙ると曲げやすく折れる心配はありません。

こんな箱型になりました。

GEDC0644.jpg



適当に結束バンドで角を補強します。

GEDC0645.jpg


中央部分に重みがかかると潰れてしまうので、
細長く切った鉢底ネットを丸めて適当に補強しました。

現在上になっている方が底面フィルターの裏側です。

GEDC0648.jpg


排水口になるアクリルパイプを作ります。
好きな長さに切り、排水部をできるだけ直角に曲げます。

ライターで炙って曲げました。アクリル内に塩を詰めると中が潰れ難いです。

GEDC0650.jpg

初めてやりましたが難しいです。
完璧に潰さないようにはできる気がしませんでした(笑)
下側の切り口が汚いですが、隠れる部分なのでまあいいやと妥協。


アクリルパイプにエアーを送る部分を作ります。
アクリルパイプに横穴を開けてL字ジョイントを接着するのが正解なのですが、
L字ジョイントも接着材も持ち合わせていない私は、少々強引な方法をとりました。

アルミパイプを下図の用に曲げ

GEDC0649.jpg

下側のU字になっている部分を、直接アクリルパイプ下部から差し込むことにします。

この形にするのにかなり失敗しました。
折れちゃうんですよねー・・・

上部のクネクネをエアホースをつなぐ時に役立ちます。


アクリルパイプ、アルミパイプが通るように箱型の鉢底ネットに穴を開け差し込みます。
パイプと箱との接着方法は適当に。

私は結束バンドで強引に固定しました。
ちょっと強度不足だと思いますが、底砂を入れればぐらつかないでしょうしOKかな。

GEDC0651.jpg

もうほぼ完成ですね。

-----------------------------------------------------------------
※追記
後日アクリルパイプにL字ジョイントを挿して、アルミパイプの代わりにエアチューブに改良しました。
記事はここ↓
自作サテライト用底面フィルターの改良

-----------------------------------------------------------------


箱部分にもう一枚鉢底ネットを乗せ補強します。
もちろん結束バンドで止めました。
結束バンドがこんなに便利だとは・・・


サテライトにアルミパイプを通す穴開けます。
蓋をしない人なら必要ないです。

私はサテライトでドジョウを飼うので、蓋は必須!

こんな感じになりました。
フィルターは完成です!

GEDC0652.jpg
GEDC0654.jpg

アルミパイプは正解でした。
配管がすっきりしますね!


砂が入り込まないように薄く裂いたウールマットを敷いて

GEDC0656.jpg

上から余っていた大磯砂をじゃらーっと。

GEDC0665.jpg

ドジョウの為のボトムサンドは、細か過ぎてフィルター内に入り込むので
大磯砂に変更しました。
これでドジョウが砂に潜るところは見れないかなぁ。


最後に、アルミパイプとサテライトのエアホースを3又分岐でまとめます。
これで配管もスッキリしますね!

GEDC0666.jpg


これにてかんせ~い!( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ


さて、上手く動くのだろうか・・・



いよいよ稼働!






GEDC0671.jpg

おー!
ちゃんとできてた~!

アクリルパイプが細かったので少し心配だったんですが、
問題なくエアリフト出来ています。

サテライト全景。

GEDC0682.jpg

苦労したかいがありました。
このサテライトでは抱卵ミナミとスジシマドジョウを飼います。

GEDC0681.jpg

可愛い顔をいつでも近くで見れるのがサテライトのいいところ^^

いかがでしたでしょうか?
今回は頑張りましたよ~つかれた・・・

今になって、アルミパイプが錆びるのが心配ですけど
もう作ってしまったのでしょうがない。
錆びたらエアホースに交換します。

ということで、今日はここまで(・∀・)ノシ
記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。