上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
アクアをやっている方なら、投げ込みフィルターを1つは持ってますよね?

まあ濾過能力は低いのでメインに使う人はあまりいないかもしれませんが、
エアレーション効果があるのでサブにはうってつけなんじゃないかと思っています。

実は最近、コリドラスが水面に鼻上げして空気を吸っている姿を何度か見まして、
それでエアレーションをするようになったんですが・・・



どうせエアレするなら、余っている投げ込みフィルター使えばいいじゃん!


と、思い立ちまして
更に、どうせロカボーイ使うなら・・・



専用濾材で物理ろ過メインより生物濾過メインにしたい!


ということで、DIYといえば大袈裟ですが
本当に少しだけ手を加えた簡単な改造を行います。

では、前置きが長くなりましたが改造に取り掛かりたいと思います。

【材料】
・投げ込み式フィルター(今回はロカボーイSを使います)
・水切りネット
・セラミックリング濾材


今回使うのはこれ。

写真撮り忘れたので。

まずはじめに、ロカボーイの付属濾材と底に入っている砂利を取り除きます。
私は砂利が汚れていたので取り除きましたが、別にそのままでもいいです。


濾材、砂利のスペースにセラミックリング濾材を入れます。
あんまり入れ過ぎると閉まらなくなるので、ほどほどに。

GEDC0243.jpg

本当はサブストの方が綺麗に沢山入りそうなので、そうしたかったんですが
生憎余ってるのがこのリング濾材しかありませんでした。

専用濾材はウールがほとんどだと思うので、基本は物理ろ過でしょう。
生物濾過メインの濾材にすることで、どの程度濾過力が上がるかは分かりませんが
まあ所詮自己満足の改造ですからね。
濾材の絶対量が小さいので、五十歩百歩かな?というのが本音ですけど。


このまま入れてもいいのですが、今回はこのロカボーイを半分ほど底砂に埋め込みます。

埋め込むことによって、周りの底砂の中に水の流れができ、
底砂自体が濾材となってくれるわけです。…なるハズ。

いわゆる「部分的な底面フィルター」みたいなものです。

私の使っている底砂は、かなり細かい「田砂」なので
このままだとロカボーイの中に砂が混入してしまいます。

そこで、ホームセンターで買ってきた水切りネットを使います。
買ってきたのはこれ。

GEDC0290.jpg

田砂が通らないように、かなり目の細かいネットにしました。

GEDC0292.jpg

このネット、他にもアクアに色々と使えそうです。
あると便利かもしれません。

こんな風に、ロカボーイをネットで包んでみました。
口のところは縛りました。

GEDC0245.jpg

はい完成。

簡単すぎて涙が出てきます。
ほぼ濾材入れ替えただけのものですね。

水切りネットですが、底砂に埋めない場合もしくは、
「フィルターの給水口の大きさ<底砂の粒の大きさ」である場合は必要ありませんしね。
要は、底砂がフィルターの中に入らない粒の大きさならネット不要です。


最後に、水槽に入れてみます。
底砂に半分ほど埋めて、石で目立たないようにして~…

こうなりました。

GEDC0251.jpg

ハニグラがちゃっかり写りこんでますね。
エアーの量を2又分岐のコックで絞ってあまり水流が大きくならないようにしています。

音も小さくなりますし、見た目もいいのでエア量調節はお勧めです。

ロカボーイSでも結構大きいので、目立つとやだなぁと思ったんですが
まあ何とか隠せました。及第点ですね。

GEDC0286.jpg

溶解酸素も上がるし、濾過力も微力ながら上がるし。
デメリットといえば、二酸化炭素が逃げやすくなったことくらいでしょう。

生体メインの水槽なので、水草は二の次です。

DIYと呼べる代物ではありませんが、自分で手を加えるのは面白いですね。
完全に自己満足の世界ですが、また機会があったら何かやりたいな。

というわけで、今日はここまでです。
それでは~(・∀・)ノシ
記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。