上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
告知のみですが。




作ったばっかりなので、よかったらフォローお願いします。


昨日記事書いたばかりなので、よかったら読んでいってくださいね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
前回のログ

孵化45日目と孵化3日目 ~ゴールデンハニードワーフ・グラミーの繁殖~



から10日後。


狭~いサテライト内のハニグラ稚魚たちは、立派に成長しました。

GEDC0466.jpg

腹びれが体長の8割くらいあります。
体長は1.5cmくらい。

もう本水槽で泳がせても親に襲われることはないでしょう。
小さいのミナミと同じくらいです。


GEDC0464.jpg

もちろん2匹とも健在です。
成長速度も一緒の兄弟なんですが、

最近、たまに片方を追っかけまわしてます・・・
チビの癖に、もう一丁前にフィンスプですか(;^ω^)

なんとなく、縄張りも決まっているような気がします。
やはり追われる子の方が行動範囲は狭いです。

GEDC0454.jpg

いつも手前にいる子の方がエサも沢山ありつけているかな?
でも成長に大差はないです。

GEDC0459.jpg

サテライトにほんのりと緑のコケが出てきたので、
そのうちカラーサザエ石巻くんを1日サテライトに監禁して掃除させます。

底面フィルター入りなので、底砂にデトリタスも溜まっていることだし
ミナミを入れてもいいかもしれないですね。


ミナミもがっつり増えてくれたので追加購入しなくてよくて助かります。

GEDC0291.jpg

いつの間にか、オークロの下にわらわらと。



恒例になってきた稚魚のブラインお食事動画




エンコードで画質が大幅に落ちてしまいました。
高画質でアップするのは難しいですね。


最近は人口飼料に慣れさせようとして、ひかりクレストカラシンを砕いてたまに与えてます。
目の前にエサが漂うと、ちゃんと食べてくれるようになりました。
砕かなくても口には入るんですが、大きいみたいで全部吐き出します。

第4期のハニグラの稚魚がそろそろブラインを食べ始めたところなので
結局ブラインを途切れさせる日はないんですけどね。


最近のママグラ事情


片方のオスとで何度も産卵し続けているこの一途なママグラですが、

GEDC0350.jpg


ついに、オスを乗り換えました(笑)

いえ、正確にはどっちでもよくなったみたいです。


最近、「全くモテなかった方のオスと交尾してるなー」と思って観察していたんですが
このオスが床上手ならぬ床下手!

産卵まではなかなか進まず、交尾が途中で終わってばかり。
卵を産んだのはほんのわずか。
まだまだ卵でお腹がパンパンなメスは痺れを切らせて、結局元旦那とのヨリを戻して産卵してました(笑)

結局その日は、2匹のオスの元で産卵したママグラ。
どっちにしろ第5期の稚魚・・・

ブログ的にもハニグラの発情ネタはもうマンネリなので、
そろそろ終わってくれてもいいんだよ?


まだまだ水槽前面の邪魔なプラケを外せそうにないのでした(; ゚д゚ )ノシ






記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事
全国1億2000万人の底モノ好きの皆さん。
コリドラスもいいですが、ドジョウはいかがですか?

そこのクーリーローチを買っているあなた。
日本のドジョウもその水槽に入れましょう。

コリドラス専用水槽をお持ちのあなた。
日本のドジョウをその水槽に入れましょう。

スーパーの鮮魚コーナーで食用ドジョウを見かけたあなた。
ドジョウを今日の夕食の献立に入れましょう。

熱帯魚のような華やかさはないかもしれませんが、その愛らしさは小型魚の中でもトップレベル
と私は思っています。


うちにいるスジシマドジョウの場合

・愛らしいご尊顔
GEDC0432.jpg

GEDC0435.jpg


・尻尾隠して頭隠さず
GEDC0421.jpg


・もふもふ(^ω^)
GEDC0436.jpg


・透明感のある尻尾
GEDC2014.jpg


・スマートなお体
GEDC2036.jpg

GEDC2646.jpg


・太ましくなってきても愛らしいお姿
GEDC0352.jpg

スジシマドジョウは他のドジョウの中でも、かなり綺麗な種だと思います。
体は透き通っているし、模様もとても綺麗です。

体の質感も肌触りのよい革製品のようです。
ヌルヌルなんてしていませんよ?


他にもたくさん日本のドジョウ

 ▼シマドジョウ(1匹)

 ▼シマドジョウ(1匹)
価格:730円(税込、送料別)



日本固有種!▼ヤマトシマドジョウ(1匹)

日本固有種!▼ヤマトシマドジョウ(1匹)
価格:730円(税込、送料別)



 ▼フクドジョウ(1匹)

 ▼フクドジョウ(1匹)
価格:750円(税込、送料別)



▼ヒメドジョウ“オス”(1匹)

▼ヒメドジョウ“オス”(1匹)
価格:850円(税込、送料別)



 ▼ヒドジョウ(1匹)

 ▼ヒドジョウ(1匹)
価格:880円(税込、送料別)



 ▼アルビノ・ヒドジョウ(1匹)

 ▼アルビノ・ヒドジョウ(1匹)
価格:1,500円(税込、送料別)



 ▼アジメドジョウ(1匹)

 ▼アジメドジョウ(1匹)
価格:800円(税込、送料別)



 ▼ホトケドジョウ(1匹)

 ▼ホトケドジョウ(1匹)
価格:750円(税込、送料別)



 ▼マドジョウ(2匹)

 ▼マドジョウ(2匹)
価格:540円(税込、送料別)



 ▼スジシマドジョウ(1匹)

 ▼スジシマドジョウ(1匹)
価格:780円(税込、送料別)


【最大体長】(参考:チャーム)
・20cm・・・・・フクドジョウ
・15cm・・・・・マドジョウ、アルビノ(マドジョウ)、ヒドジョウ
・13cm・・・・・シマドジョウ、ヤマトシマドジョウ、スジシマドジョウ
・10cm・・・・・アジメドジョウ
・8cm・・・・・・ヒメドジョウ
・7cm・・・・・・ホトケドジョウ


チャームさん、ドジョウ増えた?
私がスジシマドジョウを購入したときは、こんなにたくさん種類いなかった気がします。

サイズ的には、13cm以下が飼い易いですね。
しかし、20cmのフクドジョウと15cmのヒドジョウがかなり可愛いので悩みどころです(笑)

最も、最大体長に育てるのは水槽での飼育下では難しいと思うので
そこまで気にすることはないかもしれません。


ウチのスジシマは購入時5cmくらいで半年ほど経ちますが、現在6~7cmほどです。
ドジョウは寿命が長いのでこれからも長い付き合いになりそうです(´∀`)



飼い方

熱帯魚を飼育しているのであれば、簡単です。

注意点は、
・飛び出し事故の可能性があるので、水槽上面をフタなどで覆うこと。
・コリドラス同様、低床は角のないものにすること。
・残飯処理だけでは痩せるので、専用に餌をあげること(何でもよく食べます。コリタブでOK)
・水草は抜かれる可能性があること。

これだけ気をつけていれば良さそうかな。

ドジョウが低床に潜る姿を見たいなら、田砂やボトムサンドなど細かい底砂がお勧めです。
潜る潜らないは個体差もあるようです。

熱帯魚のいる水槽はヒーターが設置してあると思いますが、
ドジョウは水温5~30度で生きられるようなのでヒーターありで大丈夫です。

冬にヒーターなしでも、地域によっては大丈夫でしょうけど
余りに寒いと冬眠しそうなので、ドジョウにすごしやすい温度にしてあげましょう(ドジョウ愛大事!)

ウチの子は水槽から飛び出さないし、割と砂に潜ってくれる個体ですね。
まだそこまで大きくないということもあり、水草もそんなに抜かれていません。

ドジョウは温厚なので、基本混泳はOKです。
※ホトケドジョウはメダカ食われた、脱皮後のやわらかいエビ食われた等の情報を耳にすることも・・・
「ウチは大丈夫という」情報もあるのでこれも個体差ですね。


以上、「ドジョウのすゝめ」でした。
ドジョウに興味がわいた方がいてくだされば、これほど嬉しい事はないですね。

それではよいドジョウライフを~(`・ω・´)ノシ
記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事
またまたゴールデンハニードワーフ・グラミーの記事でごめんなさい。
今ウチのアクア事情的に、動きがあるのってこの子達だけなんですよね。


ということで、前回↓

孵化30、35日目 ~ゴールデンハニードワーフ・グラミーの繁殖~

から

さらに10日後、孵化後45日が経ちました。
最近はブラインを食べまくるので、成長も日々著しいです。


ブラインを食べている稚魚の様子をまた動画に撮りました。




SDカードを買ったので、ようやく好きなだけ動画を撮れるようになりました。(以前は30秒も持たなかった)



このぐらいのブラインを一日に3回程度与えてます。
ブラインを沸かすのがちょっと面倒になってきたので、アルテミアでも買おうかと思いましたが
まだまだブラインエッグが残ってるのでやめておきました。

ちなみにひかりパピィをあげると、口に入れた後吐き出します・・・
なんでこんな贅沢な子になってしまった・・・

ひかりカラシンも食べれるサイズになったとは思うんですが、見向きもしませんし。
稚魚のサイズは大体1cm超えたか超えないか位です。


ハニグラの産卵が止まらない

先日3度目の孵化があったとブログで報告しましたが、





4度目、きました。

↓生みすぎ犯人
GEDC0397.jpg

↓全くモテない方のオス
GEDC0394.jpg


いったいいつになったら産卵しなくなるんだろうか。しかも毎回同じペア・・・
2匹のオスはウチの来てからずっと婚姻色を出しっぱなしです。
いいかげん発情期長すぎませんかい?

3度目の産卵で孵った稚魚10匹程度は、1cm程になった稚魚とサテライトで合流させたんですが
その後すっかり見かけなくなりました。


おかしいと思い、試しに4度目の孵化の稚魚1匹を、でかい稚魚の前に落としてみると


バクっ!!!


ああ、犯人こいつだわ・・・
まさか1cm程度の稚魚が孵化したての稚魚(2mm)を食うとは(゚д゚lll)




で、


4度目に孵化した稚魚たちをどうするか。面倒なので以後4期生と呼びます。
経験上、孵化した水槽の水で育てないと死なせてしまう自信があります。


そこでプラケを使って新たに隔離槽を確保しました。

GEDC0311.jpg

水槽前がごちゃごちゃです( ;∀;)

水の流れは

サテライトの排水の一部がプラケに流れ込む

プラケ

プラケから自作ミニスポンジフィルターで揚水し排水

本水槽

って感じです。


設置前に、写真とればよかった・・・
自作スポンジフィルターです。

GEDC0324.jpg

フィルターといっても、稚魚を吸い込まないように本水槽に排水するのが主です。
スポンジは洗車スポンジを小さく切っただけ。

パイプ部分は、アクリルパイプを直角S字に曲げてエアーを入れる部分を作っただけです。
スポンジに隠れている給水部は、穴をいくつか開けてあります。

即席で適当に作ったため、揚水能力が非常に低くぽたぽたとしか揚水できません(笑)
水合わせレベルです。秒間3滴ほど。

しかし、それがよかったらしく稚魚を吸い寄せて動けなくすることはないです。


プラケへの注水はサテライトの排水からです。
試行錯誤の結果、ウールで橋を架けました。

GEDC0337.jpg

これで水が伝わります。
ちょうど排水と同じくらいのペースで注水できるように調整しました。

サテの排水の高さ < プラケの高さ

これのせいで、エアーを使わない方法はこれくらいでした。
でもまあ、水は循環するようになったのでひとまずはこれでOKかな。


4期生、孵化3日目


GEDC0341.jpg

また何を食べてるんだかわからない期間です。
地味に20匹近くいます。


いつまでもこの邪魔なプラケにいさせるわけにはいかないので、
2期生のデカ稚魚をそろそろサテライトから移動させようかと考えています。
そして、サテライトには4期生が入居。
※1期生(隔離水槽で全滅)、3期生(2期生のデカ稚魚2匹に食われ全滅)です。

問題はデカ稚魚の移動先なんですが・・・

・親のいる本水槽
・最初に稚魚隔離に使用した25Hを再び立ち上げる

このどちらか。

う~ん、25Hを新たに立ち上げるなら、水ができていないと
いくらデカ稚魚とはいえ(まだ1cmですし)怖いです。

本水槽だと親ハニグラに襲われないか、エサを食べていけるかが心配です。
う~ん、困りました。

2期生のデカ稚魚と、4期生のチビが共存できれば楽だったんですが・・・

ひとまずは、ブラインを食べれるようになるまで4期生はプラケでがんばって貰います。
水槽がごちゃごちゃしてしまうのは、私が我慢すればいいだけですしね( ;∀;)

それでは今回はここで終わり( ;∀;)ノシ


そういえば、いつの間にかミナミの数が3倍になってました。
ミナミは楽でいいですね・・・





記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事
今日はネタがないので、簡単にブログトップの写真を紹介します。

現在、ブログトップの画像は更新毎に9つの画像からランダムで表示されます。
シミリスのトップ画像がお気に入りだったので、他の画像に変えがたくこのようになりました。

【1枚目】
生後37、8日くらいのハニグラの稚魚。
タイムリーだったので、記念に。

960×250ブログトップ8


【2枚目】
コンコロールとアトロ。
並んでいて可愛かったので。しかし、あまりピントが合っていない。
そのうち外れると思う。

960×250ブログトップ4


【3枚目】
最初のトップ画像の時から5ヵ月後のシミリス。
尾周辺にいいバイオレットの色が出てます。

960×250ブログトップ5


【4枚目】
またまたコンコロとアトロ。
彼らはカメラに動じないとてもいい子!・・・ということです。

960×250ブログトップ6


【5枚目】
アトロのソロ。
ハッキリ言って、うまく撮れなかった。
上手く撮れた写真に限って、サイズ調整が上手くいかず没に。

960×250ブログトップ7


【6枚目】
コンコーローーール。
コンコロはまさに私の理想のコリドラス体型なのです。どうでもいいね!

960×250ブログトップ3


【7枚目】
まさかのミナミヌマエビ。
余りにも面白い格好をしていたので。エビぞりとはこのことよ。

GEDC0216.jpg


【8枚目】
一番のお気に入り写真。
スジシマドジョウはこんなに綺麗な魚なんです。
みんなも飼おう、スジシマドジョウ。

960×296ブログトップ


【9枚目】
以前から継続の、現在から5ヶ月前に撮ったシミリス。
これからもシミリス押しでいきたい。

タイトル画像


以上、9枚の画像でしたー\(^o^)/


ちなみに、このブログトップの画像は960×250のサイズで作っています。

この超横長の画像を作るのがなかなか上手くいかなくて、
魚の全体がこの枠に入りきらないで没になることもよくあります。

コリドラスに関して言えば、特に背びれが入りきらない。


画像作成の手順は以下の通り。

4320×2432で写真を撮りPCに取り込む
          ↓
画像編集ソフトで4320×1125にトリミングする
          ↓
画像編集ソフトで960×250にリサイズする
          ↓
         完成!


トリミング時に被写体全体を上手く残せるように写真を撮るのが難しいです。
デジカメのパノラマ設定で撮れば、かなり横長な写真が取れるからもっと楽になるかな?
次からは試してみよう。


画像をトップに表示する方法に関しては、HTMLやCSS知識がない私には難しかったです。
散々調べて、ようやくCSSで設定できるのを見つけて・・・

ランダム表示にするのは・・・うん。疲れた。

人によって使っているテンプレートが違うので、私には教えることも多分できませんが
調べると何通りもやり方が出てくるので興味のある方はやってみるといいですよ。

それでは今回はこれで(・∀・)ノシ
アクア成分少なくてすまぬ。

記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事
Co.アトロペルソナータスは導入後2週間を過ぎました。
導入1週間前後で落ちることもよくあるので、とりあえずは一安心かな。

GEDC0270.jpg

なんだか故ロレトエンシスを思い出す模様だなぁ・・・

初日こそ、コリタブをモフりはするがエラから出してましたが
その後はうちのコリタブにも慣れて、ちゃんと飲み込んでいます。


初日のときの写真と比較してみると。

【現在】
GEDC0278.jpg

【初日】
GEDC0055.jpg

あっ、茶色くなってる!!!

初日は色が出てなかったってのもあるんでしょうけどね。
黒斑は現在のほうが綺麗に出ていますし、底砂の色にも影響を受けますし。
あとは、少しだけ太らせることができてますね。


しかし・・・




美白のお前も捨てがたかった!


初日のほうが背びれピーンなのも少し悔しい。
私の持っている図鑑によると、飼育難易度が「やや難しい」だったので
が、がんばります。


カメラ目線いただきましたぁー!

GEDC0277.jpg



毎度おなじみのコリ達

GEDC0221.jpg

GEDC0236.jpg

相変わらずコンコロールはメタリックグリーンなほっぺ。


シミリスはというと、


太りました。チビデブです(笑)

GEDC0254.jpg

GEDC0256.jpg

水槽が狭いのと、設置場所の都合上、側面から写真が取れないので
毎回写真の構図が同じなのがちょっとなぁ。

たまには少し引きで撮ってみようかな。
次覚えてたらですけど。

おまけのカラーサザエ石巻貝。

GEDC0220.jpg

貝系は見た目で敬遠してたんですが、コケ取り能力がものすごいです。
もっと早く導入してればよかった!

なんといっても、ガラス面やフィルター排水パイプにできる
かた~い斑点状の緑のコケを食べてくれるのがいい!

あのコケ、スクレーパーで取るの疲れるんですよね。
オトシンは食べてくれないし、よくぽつぽつできるので手を焼いていました。

同じコケでお困りの方は、ぜひ導入をば!



お知らせ

ゴールデンハニードワーフ・グラミーさんがまたやった。

3度目の稚魚が孵化しました。


10匹程度と少数ですが、みんなサテライトにIN!
それにしても、ハニグラよくがんばるなぁ。
しかも毎回同じオス・・・もう1匹のオス涙目(´;ω;`)

それでは今回はここまで(´Д`)ノシ






記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事
肌寒くなってきた今日この頃。
魚たちもヒーターの恩恵に与っております。

かくいう私も、寒いの苦手なのでいつまで暖房器具のスイッチを押さずに我慢できることか。
まあ、それは流石に1ヶ月以上先の話なんですけどね。



スジシマドジョウくんには夏の暑さは堪えたかな?

GEDC2012.jpg

この写真かなりお気に入りです。
前にドジョウスレにもこっそり投下しました。

ブログトップにしたい気もするんですが、シミリスの写真も捨てがたいんですよね。
第一、ドジョウ飼ってる人あんまりいないし・・・

ランダムで複数の写真が入れ替わるようにできればいいんですけど、そんな技術は私にはない!
※↑調べてがんばったらできました!


今日は脇役祭りにしますか。

ということで、影でがんばる並オトシンくん。

GEDC2021.jpg

世間には並とか言われちゃってますが、大丈夫。
一番人気あるのも君だから。

他のブログさんを見ていると、オトシンにキュウリやら昆布やらいろいろあげていて
かなりふっくら体型なんですよねー。

羨ましいんですが、たとえばキュウリやホウレンソウをあげるにしても
スーパーで買ったやつでいいのかどうか。

それとも自家栽培の完全無農薬じゃないとだめなのか。
わかんないんで結局あげてません。

プレコ用のタブレットで我慢してね。
うん、久しぶりにあげるかー。数年前に買ったプレタブ←あまり愛がない


あげなくても、コケうま状態ですけどね。

GEDC2374.jpg

この糞だったら、あまり水汚れなさそうですね(笑)


コケといえば、現在第2世代くらい(適当)のミナミヌマエビ。

GEDC2023.jpg

数が少ないので、ハッキリいって戦力になりません。
一時期はあんなに増えていたのに、自殺エビが多すぎて気がつけば5匹くらいに・・・

エビの自殺率も上がってきたなんて、世知辛い世の中ですね。


お次は撮った配意けど、使いどころがまったくなかった夜のコンコロール。

GEDC2071.jpg

コンコロールってアイバンドがあるって先日教えてもらってビックリしました。
かなりわかりにくい+個体差で、うちの子にはほぼ見えません。

もう少し成長したら浮き出てくるのかな。


トリミングしました


話は変わって、以前チラッと言っていたエイクホルニア・ディバーシフォリアの根っこです。

GEDC2376.jpg

根張りが良いだけあって、よく成長してます。
何で根が紫なんだろう。

アフリカンチェーンソードは少し調子を上げてきました。
写真はトリミング後です。

GEDC0208.jpg

だいぶ減らして5株くらいから再スタートしたんですが、またランナーで増えてきてます。

で、

この増えたランナー、捨てるには少しもったいないので(ここでようやく記事タイトル)
当ブログにリンクしてくださっている方で、欲しい方がいたら差し上げます。

GEDC0190.jpg

大体10株前後かな。

さらに、

ついでにラージパールグラスもどうぞ貰って下さい。

GEDC0205.jpg

ご希望とあれば、浮き草のサルビニアククラータも少量お付けします。

GEDC0193.jpg

少量なので、セットで1名さまのみとさせて頂きます。(複数いたらこちらで抽選します)
サルビニアとラージパールはいらね。とかあれば遠慮なくどうぞ。
発送はメール便で済ませるので、送料はこちらが持ちます。お気にせず。
※10/11 プレ企画終了しました

尚、発送用の水草保管の都合上、ご希望の方は10/11までにコメントでその旨お伝えください。
ちなみに、多少コケてる部分もあるかもしれませんが勘弁してください。

後付けですけど、これを「ブログ1万ヒット記念」とすることにしましょう(笑)


あまり価値のある水草ではないので、希望者が出ないことも覚悟のうえです。
ブセとかあれば良いのにね。いや、私が欲しいよ!

でもまあ、いつもはトリミングで捨ててしまうものですから。
たまにはこんな企画があってもいいですよね。

それでは、また( ゚д゚ )ノシ
記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事
久しぶりにGHD・グラミーの稚魚の記事です。

前回「孵化20日目」から結構成長しましたよ!


孵化30日目



GEDC0132.jpg

どうでしょう?
少しだけハニグラっぽくなってきたんじゃないでしょうか。


GEDC0136.jpg

エサは毎日ブラインシュリンプです。
食後なのでお腹がオレンジになっています。


GEDC0144.jpg

2ショット。
実は・・・現在生き残っている稚魚はこの2匹だけになってしまいました。

孵化20日目に稚魚隔離水槽から引っ越してきた稚魚たちは結局だめでした。
今残っているのは、生まれたときからずーっとサテライトにいる子です。

やはり飼育環境がずっと同じなのがよかったんでしょうね。


上から。

GEDC0125.jpg

生まれた数を考えると、ずいぶん減ってしまいました。
また生んでくれたら、今度はうまくできるのに・・・っ!


孵化35日目



今日現在の稚魚です。
2匹とも元気に泳いでいます。

GEDC0155.jpg

いよいよハニグラらしさが出てきたような気がします。
体に黒っぽいラインが出始めたのも、ハニグラの若魚に見れる特徴です。


GEDC0158.jpg


お腹はいつもオレンジ色にポンポン状態。
エサは一日3,4回ブラインをあげています。

ブラインが切れたときにはひかりパピィを与えますが、口に入れてもペッと吐き出すことが多いです。
稚魚のうちからグルメになりつつあるのか・・・


上から。

GEDC0165.jpg

もう大磯砂1粒よりは大きいですね。
1cmくらいはありそう。

生まれたときは2mmほどなので、大きくなったもんだ。


この写真。

GEDC0171.jpg

拡大してよく見てみると・・・



GEDC0172.jpg

生えてきました!胸ビレ!
あるいは腹ビレ。

どっちなんでしょう?

これがなきゃグラミーとは言えませんよ。


ブラインシュリンプを食べる様子



短いですが動画です。




ブラインの食いつきはすごいです。
お腹がはち切れんばかりに食べますからね。

余ったブラインは本水槽に入れたりもするんですが、
エスペイがこれまた狂ったように食べています。
我が家では唯一の生餌です。

このまま2匹とも元気に育ってくれますかねぇ。

また報告します。
それでは今回はここまで(´Д`)ノシ





記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
関連記事

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。