上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
遂にやってくれました。
通称ハニグラこと、ゴールデンハニードワーフ・グラミーが

いつの間にか産卵して

いつの間にか孵化してました(笑)

自分で選んだ個体がちゃんとメスだったということが地味に嬉しい。

とにかく小さいゴールデンハニードワーフ・グラミーの稚魚


とにもかくにもまずは写真を見てください。
これは泡巣を上から写した写真です。
実はちょっと泡巣崩してしまいました(;・∀・)ごめん

GEDC2158.jpg

赤い点線の円の中にいる黒いおたまじゃくしみたいなのが稚魚です。
泡巣の影にこれがうじゃうじゃいますwww

水中を覗くとこんな感じです。

GEDC2163.jpg

黒い点は全て稚魚です。
泡巣のところに固まっています。

稚魚が泡巣から離れると、このパパグラミーが口でくわえて巣に戻します。
「パクっ」「ペッ」って感じです。

GEDC2160.jpg

GEDC2161.jpg

GEDC2165.jpg

片時も巣を離れません。
近づいてきた魚は凄い勢いで追い払ってます。

シミリスまで追われてました。
コリが追われているのには流石に驚いた。


それにしても、交尾見たかったなぁ。
ハニグラの卵は1日で孵化するようなので、昨日のうちに繁殖行動があったんでしょうね。

でもこのパパさんはあまり婚姻色が出てない個体で、しかも前日までの泡巣はとても小さなものでした。
まさか繁殖するとは思いもしませんでした。
いつもの泡巣よりもこんもりしてたので、今思えば卵があったんですね。


ブリーディング水槽の立ち上げ

稚魚専用の水槽を新規に立ち上げることにしました。

最初はパパグラミーに全て任せてみようかとも思ったんですが、
エスペイが稚エビを食べたのが軽くトラウマになってますから隔離する事に。

しかし全ての稚魚を隔離するのは稚魚が小さすぎて難しいので、
親元に残った子達はパパグラミーに任せる事にします。

パパグラミー VS 管理人へっぽこアクアリストのmoto
子育て対決です。敗色濃厚wwwww


まずは、昔使っていた25cmハイキューブ水槽を引っ張り出してきました。
これ使います。

GEDC2180.jpg

ベアタンクって実は初めてかもしれません。
っていうか、稚魚を育てるのも初めての挑戦でした。
(ただし、グッピーの稚魚は強靭すぎるので稚魚経験に含めないものとする)


お次は水を張りまーす。
水は全て飼育水を使う事にしました。
この水槽の真上に30cmキューブがあるので、そこから水を引っ張るだけです。

GEDC2181.jpg

稚魚のみですので、水量は水槽半分くらいまでにしました。
ざっと7,8リットルくらい。

フィルターはこれ使います。
テトラミニフィルターキット

GEDC2173.jpg

フィルター:ミニビリーフィルター
エアーポンプ:テトラOX-30
これにエアチューブが付いた三点セットです。

稚魚を確認してから急いで買いに行きました。
チャームで買うよりも倍くらいの値段でしたけど・・・

スポンジフィルターも初めて使います。
こんな風になってるんですね。

GEDC2187.jpg

たぶん近場に売ってなかったら自作していたでしょう(笑)


それでは稚魚の移動です。
タッパーを使って稚魚を掬いました。

これでようやく近くで稚魚を観察できました。
一度掬っただけでこんなに入ります。

GEDC2183.jpg

GEDC2182.jpg

いや~、ちっちゃいです。
見た目はおたまじゃくしのミクロサイズですね。

ヨークサックがなくなるまでは黒いようです。

タッパーで掬う事3,4回。
全部で50匹くらい水槽を移動しました。

数はかなり適当です。
元の水槽には2、30匹が残りました。

稚魚育成水槽立ち上げ終了です。

GEDC2201.jpg

水草はサテライトに余っていたアマゾンフロッグピットとマツモ。
そして、子株を育てた小石付きミクロソリウム。

それに、今日サルビニア・ククラータを新たに購入して入れました。

水深が浅いので思ったよりもフィルターからの水流が強く
排水口を水槽のコーナーに向けました。


稚魚の様子はというと・・・

GEDC2197.jpg

GEDC2198.jpg

し、死んでる!?

いえ、どうやら動かないだけみたいです。
ひっくり返ってますけど・・・

不安になって数匹タッパーに掬って眺めてたら動き出しました。

アクアリウムの森さんでMoriさんが仰っていたように、まさに「気絶」。
Moriさん、今朝稚魚を発見してから繁殖ログを読み漁らせてもらいました。ホント、参考になりましたm(_ _)m


稚魚のエサをどうするか

ハニグラの稚魚を育てるのに、最大の難関がこのエサみたいです。

何故かというと・・・

稚魚が小さすぎて、市販のエサは食べれない!

ブラインでさえ最初は食べれないです。

なんということでしょう!


まあ孵化後数日?はヨークサックがあるのでエサは不要ですが
その後をどうするかというと

いろいろと調べた結果
・イフゾリアを沸かして与える-----(牛乳を放置すると沸くらしい・・・水超汚れますね)
・水草や苔類に付着している細菌や微生物を頑張って食べてもらう-----(他力本願)
・PSB(光合成細菌)なるものを買ってきて与える-----(市販してる。本当に食べるのであれば楽ちん)
・フィルター絞り汁(濾過バクテリア)を与える-----(食べるのか不明。水が汚れそう)


う~~~~ん・・・
一番よさそうなのは、PSBですかね。

しかし、近所に売ってるかなぁ。
一応試してみたいのは、濾過バクテリアを与えてみることですね。

運よく水量の大きい30cmキューブにもパパグラミーが世話をしている稚魚はいます。
まずはこっちのパパグラ組に、バクテリア汁を与えてみて様子見をしてみようかと。

もちろんヨークサックがなくなった後ですが。

一応どちらの水槽にも水草は入れてあるので、稚魚が自力で微生物を食べてくれるかも知れませんが
あまり当てにはしない方がよさそうですね。

イフゾリアは・・・最終手段かな。

本水槽のパパグラミーのところは・・・

本水槽にいる稚魚はしっかりとパパグラミーの監視下にいるようです。

GEDC2202.jpg

水換えを行ったので、泡巣はすっかりなくなってしまいました。
浮き草のところに稚魚を集めてますね。

GEDC2204.jpg

あれ、まだ50匹くらいいますね。
全部で100匹以上は産んでそうです。


以上で、GHD・グラミーの孵化1日目を終わります。
案の定、長い記事になりました。
読んでくれてありがとう!

ハニグラの稚魚育成はこれからもできる限りレポートしていきたいと思います。
それでは~(^ω^)ノシ



お ま け

今日のフィルターや水草の買い物ついでに、苔対策のミナミヌマエビを追加購入したんですが・・・

1匹だけおかしな子が・・・

GEDC2191.jpg

これ、スジエビじゃね?


スジエビ
--------------
肉食性の強い雑食のエビ。手長エビの仲間。
脱皮後のミナミヌマエビを襲ったり、魚を襲う事も。


いや、こんなの混泳できませんって・・・
気がついてよかったε-(´∀`*)ホッ

※管理人の勘違いの可能性もあり。
でもたぶんスジエビだと思うんだよなぁ。

ほんとにおわり。

記事が面白かったらポチっとお願いします▶ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 人気ブログランキングへ
<参考リンク>



オスはオレンジが強め。メスはオレンジがほとんどない子は確率高いと思います。


ブリーディングに最適!




ハニグラ繁殖には浮き草がいいです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

おおー!これはうれしいですね!
ホント小さいですね~
ハニグラの稚魚、元気に大きくなるといいですねー!

こんばんは♪
一言で可愛いですね(^^)
こんなにいっぱいの稚魚!!
これからの餌が本当に大変そうです(´Д`)
楽しみにこれから見させてもらいます♪

こんばんは。

ハニグラの稚魚可愛いですね(^▽^)
いいなぁ。うちのハニグラ達もそのうち産卵とかしてくれたら嬉しいですねー(^^)
小さい間のエサってブラインも食べれないんですか。
大変そうです(汗)
これからグラミーの子育てを楽しみにしています♪

こんばんは。

楽しい繁殖生活の始まりですね♪
けど、
ハニグラパパの仕事ぶりは微笑ましいですよねぇ~
最初のうちは大変そうですが、
頑張ってくださいねぇ~~♪

念願叶いましたね^^おめでとうございます。
私は以前、稚魚にゆで卵の黄身を
水に溶いて与えた記憶あります。
でも、水がすぐ汚れます。。。それで
「アルテミア100」と言う栄養価の
高い稚魚用飼料にしました。コレ良いですよ。
頑張って大きく育ってくれるといいですね^^

突然の急展開ですね!
子育て応援しています!!
あとスジエビにガクブルです。。。

こんばんは。
すごいっすね!!!
そして懐かしいです。

この時期は毎日PSBをぼとぼといれていくのがいいと思います。
透明になってきたらブラインシュリンプを沸かしてちょっとだけ入れてみて様子をみると。

ちなみに、インフゾリアの素がチャームに売ってましたよ!!
http://item.rakuten.co.jp/chanet/17754/
PSBじゃなくて、今の時期これを添加するといいかもしれませんね。

急な水換えは☆の元ですから気をつけてくださいね。
これからの展開が楽しみです。うまくいくといいですね

産卵しましたね!おめでとうございます^^
結構な数を産むんですね~皆無事に育つといいですね!

最後・・・スジエビは笑えない))))

沢山のコメントありがとうございます(・∀・)!

▼けるびんさん
ありがとうございます。
前々から繁殖を狙っていただけに、本当に嬉しいです^^
本当に小さいです。
生まれたてのミナミヌマエビといい勝負ではないかと。


▼雪龍さん
可愛いですよー!ニヤニヤして眺めてます。
しかし、エサは本当に苦労しそうです。
なにぶん、小さすぎて食べてるかどうかがわかりませんからね。
このままバクテリアを与える予定ですが、正直不安ですね。


▼ししゃもさん
うちは泡巣作ってからがかなり長かったです。
オスが2匹いて、最初に婚姻色が出たほうは未だに繁殖しておらず
急にもう1匹のオスが発情→産卵という結果に。
本当に、急だったのでそぶりがなくても十分産卵の可能性はあると思いますよー。
ブラインが入らないお口ってよっぽどですよね。頑張ります!


▼三太さん
毎日なにかしら変化がありますから、本当に楽しいです^^
パパグラの働きが見れるのは最初の2日だけなんですが
本当に献身的で可愛かったですよ!
チビ達が泳ぎまわるようになると、パパグラが咥えようとしても逃げられてました(笑)


▼tae-aquariumさん
ホント、念願でした(笑)
ありがとうございます!
ゆで卵の黄身>これは最終手段に頂きます!水に溶くということは稚魚でも食べれそうですね。
アルテミア>探したんですが、近所にはありませんでした。
粉末状のエサのようなので、与えるとしたら無事に細菌食の段階が終わってからですね。
調べたらブラインの黄身って、そりゃ栄養ありそうですね。


▼kashiwa15さん
いやーほんとにスジエビ怖すぎますよ。
エビを買うときにはお気をつけください。
目が離れていて、鋏の手が鼻先より長かったらこいつです。


▼Moriさん
繁殖ログ参考にさせていただいておりますm(_ _)m
PSBが手に入ってないのが結構痛いです。
即効で通販で買えばよかったかもですね。
逆に今から買ってももうつかわなそうですが・・・
イフゾリアの卵なんてあるんですね。やはりチャーム様様です。
水換えタイミングと量が難しそうです。
Moriさんのようにティッシュ戦法でいくかもしれませぬ。


▼いざよいさん
ありがとうございます。
100匹以上は孵化していると思います。
が、その分生存率も低そうです。
これで生存率高かったら、グッピーみたいに持て余しますが。
スジエビはネットで調べた事があったので、本当によかったです。
なんでも調べておくものですね(笑)

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。